ウクレレ・ソロのための練習曲をご紹介します!

この記事は4分で読めます

ウクレレ・ソロの練習曲

 

音楽が大好きで、音楽に支えられて生きている私は、ジャンルを問わず聴きます。

レコードを買い集めた時代から、あっという間に音楽無料アプリを利用する時代になりました。

 

 

音楽は、聴くことも大好きですが、楽器を鳴らすことも大好きです。

学校の音楽の時間にカスタネットや木琴、鉄琴、トライアングルを鳴らした時の楽しさは、忘れません。

 

 

あの音楽の時間以来、それらの楽器に触れることは、ありません。さみしいなと思います。

私の楽器歴は、幼稚園に通っている時にオルガン教室に通い、5歳から10年間ヤマハエレクトーンを習いました。

 

 

かなり厳しい先生たちに教わり、楽しくはありませんでしたが、五線譜を読めて鍵盤を弾けることができるようになったのは、その厳しいレッスンがあったからだと大人になって思えるようになりました。

 

 

それから、電子ピアノを買い趣味で気ままに弾いています。

子どもたちも自立し時間に余裕ができたので、憧れていた可愛くてお洒落な楽器ウクレレを習おうと思い、無料体験レッスンを受け「大人の音楽教室」に入りマンツーマンレッスンで習っています。

 

 

習ってみたかったのは、憧れの他に理由がありました。

鍵盤楽器は、右手と左手でメロディと伴奏を弾くのですが、ギターやウクレレはどうやってメロディと伴奏を一緒に弾くのだろうと不思議に思っていたからです。

それを知りたくて習い始めたということもあります。

 

 

ウクレレを習いはじめ段階を経たら、かっこいいウクレレソロを演奏してみたいですよね。

レッスンに伴うウクレレソロの練習曲をご紹介します。

 

 

 

ウクレレ初心者のためのソロの練習曲は、ありますか?

楽しく弾けるウクレレ

 

ウクレレの演奏法には、歌を謳いながら伴奏を弾く「弾き語り」とメロディを演奏してウクレレのみで奏でる「ソロ・ウクレレ」があります。

 

 

弾き語りは、歌いながらコードで伴奏を弾き、どちらかというと歌がメインになりますから、バックの音は控えめに一定のリズムでジャカジャカ弾く感じです。

 

 

ソロ・ウクレレは、歌はなく、歌のメロディをウクレレで演奏します。

コード演奏ではなく弦をひとつひとつの音を基本一本の弦で弾くかたちで、せわしなく指を動かすことになる演奏法で難易度は、高いです。

 

 

私の場合ですが、先生から渡された教則本でレッスンを進めていたのですが、一曲だけ自分の好きな曲を弾いてみたいと先生にお願いし、先生が譜面を選んでくれ練習をしています。

 

 

曲名は、「Fly Me to the Moon」です。

その譜面が、ソロとも知らずに少しずつ練習をしていますが、やっぱり難しいですね、ソロ・ウクレレは。弾いてみて思いました。

弾き語りでコードをジャカジャカ弾いているのとは、別物だと練習して実感しています。

 

 

初心者~1年で弾けるウクレレソロメドレーをご紹介します。

「あ、私でも頑張れば弾けるかも」と思いましたよ。

人気曲ばかりが、嬉しいです。

 

 

 

 

「星に願いを」です。

ゆっくり弾いてくださっているのでお手本にしやすいと思います。

 

 

初心者のためのウクレレソロ。

アルペジオできらきら星です。とても丁寧な説明で参考になります。

 

 

和音を構成する音を一音ずつ低いものから(または高いものから)順番に弾いていくことで、リズム感や深みを演出する演奏方法のアルペジオが、美しい音色です。

 

 

 

魔女の宅急便です。

タブ譜が表示されていてわかりやすいですよ。

 

 

 

 

ハワイアンのウクレレ・ソロの練習曲は、ありますか?

ハワイのウクレレ・ソロ練習曲

 

個人的には、ゆったりした曲が、好きなのでやはりハワイアンに惹かれます。

その土地の民族楽器は、そこの風土が、生んだメロディが一番合っていると思うからです。

 

 

スタンダードなハワイアンソングをウクレレでソロ弾きできるようにアレンジされた譜面を探し、ウクレレ1本で歌なしで味わいのある演奏をしたいと思います。

 

 

癒しのハワイアンを自分のためにレパートリーに加えたいと思います。

 

 

 

「ブルー・ハワイ」演奏は、キヨシ小林さんです。

優しい音色にうっとりです。

 

 

「アロハ・オエ」説明がとても丁寧で、右手の角度が二画面あり、見やすくて勉強になりました。

 

 

「お嫁においで」加山雄三さんとハワイは、繋がりが深いのでハワイアンですよね。

 

 

「ハワイの結婚式の歌」素敵ですね~。

これぞウクレレ・ソロの魅力という気がします。

 

 

 

 

ウクレレ・ソロの練習曲を弾くために何が必要ですか?

ウクレレ・ソロの練習曲

 

最初は、演奏法が二つあることも知りませんでした。

グループレッスンではないため、先生のレッスンの進め方についていくのですが、自由にレッスン内容を変えることができます。

ある時自分から弾いてみたい曲を先生にお願いしました。

 

 

それまでのレッスンが、コードをじゃかじゃか弾く四つ弾きだったのに、私がお願いした曲は、ソロというものだったことが、先生の説明でわかりました。

 

 

自分でも「早かったな、難しい」と思いました。

ウクレレのソロは、コードの中の音をつなげてメロディを弾いていき、そのコードで伴奏を付けるというものが多いです。

 

 

ということは、コード弾きができないとソロは弾けないということが、先生のレッスンでわかりました。

 

 

コード弾きをしっかりと練習してから、ソロに挑戦するものなのですね。

 

 

ソロウクレレ用の楽譜を無料で公開しているウクレレ教室です。

全曲、通常の五線譜とタブ譜が記載されています。

http://ukulele.7-music.com/free-sheet-music/

 

 

楽譜が読めない人でも楽器演奏ができる「特別な譜面」タブ譜。

ソロ弾きする時、タブ譜は必要ですよね。

でも、複雑なタブ譜もあり、読むのに大変だなと思う曲もあります。

 

 

じっくり取り組むしかないと思っています。

さらに先生がおっしゃるには、「タブ譜や五線譜を読めることと、ウクレレを弾けることは別」だそうです。

難しいですね。

 

 

押さえる場所がわかったとしても実際の「演奏」が出来るかというとそんなことはなく、タブ譜は指のポジションを確認するだけで、弾きこなせるわけではないので、しっかり練習することが、一番大切ですよね。

 

 

 

まとめ

 

  1. 弾き語りとは違い、ソロ弾きは難易度が高いですが、初心者用にアレンジされた練習曲がありますよ。
  2. ハワイアンのウクレレソロは、素敵ですよね。練習曲もたくさんありますよ。
  3. コード弾きの練習をしっかりしてからウクレレソロに挑戦しましょう。タブ譜には単音と和音の表記があり、これらを合わせて弾くことでウクレレソロを弾くことができます。

 

 

ある程度コードも覚え、ウクレレが楽しくなってくるとウクレレソロを弾きたくなりますよね。

かっこいいし、何より自分が楽しいと思います。

楽しんで練習するのが一番。

結果、きっと上達しますよ!

 

 

関連記事

  1. 楽しく弾けるウクレレ
  2. ウクレレ ストラップピン取付
  3. ウクレレ練習時間
  4. 初心者ウクレレ習う

アーカイブ

カテゴリー