ウクレレの基本のコードの覚え方をご紹介しますね!

この記事は4分で読めます

ウクレレ練習時間

 

ポルトガルから持ち込まれた民族楽器が原型のウクレレは、ハワイを代表する楽器です。

南国の明るくてのんびりゆったりした雰囲気を漂わせているところが、好きです。

 

 

1990年代から第3次ウクレレブームが、じわじわと浸透し、日本でもハワイアンブームを知らない世代がウクレレの楽器としての魅力に目覚めるようになり、多くのアーティストが、ウクレレを手にしています。

 

 

メディアの影響力は、大きいですよね。

 

 

私の中の記憶では、2006年公開された映画「フラガール」の音楽を担当したのが、ジェイク・シマブクロさんで、その時にテレビ、雑誌で初めてジェイクさんを知りました。

 

 

映画館で観たのですが、主題歌の親しみやすさと美しさを兼ね備えたメロディとウクレレの音色は、忘れません。

 

 

私が、子どもの頃、親がレコードで聴いていたハワイアンのウクレレと随分印象が、変わったな、と思いました。

 

 

私は、音楽が、大好きで、フットワークが軽いね、と言われる忙しい主婦です。

4世代の家族の用事にいつも振り回されていて、賑やかに暮らしています。

 

 

音楽は、常に何か聴いています。5歳から10年間、ヤマハエレクトーンを習っていました。

 

 

エレクトーンは、練習曲が、映画音楽やジャズやポップスで洋楽でしたから、自然と洋楽一辺倒になりました。

 

 

楽器は、エレクトーンを習ってからは、大人になって知り合いから頂いたアップライトピアノを少しの間だけ趣味程度に弾き、やはりご近所への音が気になり、電子ピアノを買いました。

 

 

今は、孫たちが、いたずらで弾いています。

 

 

今まで、鍵盤楽器しか触れてこなかったため、いつか弦楽器を弾いてみたいな、と思っていたため、可愛いウクレレに決めました。

 

 

それから、市内の楽器店に無料体験レッスンを受け、先生も話しやすかったし、店の専門スタッフさんたちも親切で丁寧だったので、入会を決め、現在マンツーマンレッスンで楽しくレッスンを受けています。

 

 

鍵盤楽器とは、違うのは当たり前と言えば当たり前なのですが、最初は、先生にコードを教えてもらっても、押さえるポジションにまごまごしました。

 

 

先生は、口頭で「2弦の3フレット」とか教えてくれるのですが、どうしても抱えたボディの一番上を一弦と思ってしまい、頭の中が、混乱したりしました。

 

 

こういうことも、回数を重ねていくと、自然とできるようになるものですね。ウクレレのコードは、たくさんあり、コードブックに掲載されているコードだけでも600以上あるそうです。

 

 

さらにコードブックに掲載されていないコードも入れると軽く1500以上あるのではないか、と言われています。

 

 

おそろしい数ですよね。

そんなの絶対無理、と思ってしまいます。

 

 

上級者になれば何通りもの押さえ方を知っておいたほうが、役に立ちますが、私などずっと先のお話しなので、ここでは、ウクレレの基本のコードについてご紹介しますね!

 

 

 

ウクレレの基本のコードとは?

ウクレレが上手くなりたい

 

コードとは、音楽で習ったドミソとかドファラとかシレソのような和音にCだとかFだとかG7だとか名前がついていると理解すればいいと思います。

 

 

ウクレレ伴奏に歌ったりするときは、コードをつなげて弾くことになるので、コードを覚えなければなりません。

 

 

コードの押さえ方が、一目でわかるダイヤグラムの見方を覚えよう

 

ウクレレで、コード(和音)を押さえるときに役に立つのが、ダイヤグラムです。

 

 

ダイヤグラムは、ウクレレの指板を真上から見たときの形をそのまま図にしたものです。

 

 

そのコードのダイヤグラムの通りにそれぞれの弦を弾くと、そのコードの響きがするのです。

 

 

メジャー・コードC

 

メジャー・コードは、明るい響きを持つ最も基本的なコードです。

 

 

メジャー・コードCは、薬指一本で押さえるだけで弾くことができます。

 

 

まず、最初に覚えるコードですよね。簡単なので好きなコードです。

薬指を立てて、指先で1弦3フレットを押さえます。

 

 

メジャー・コードF

 

指2本で鳴らせます。2本も楽で好きです。

指をたたせ気味に、人差し指で2弦1フレット、中指で4弦2フレットを押さえます。

 

 

人差し指と中指が、他の弦に触れないように注意!

 

 

残りの指は、弦に触れないように力を抜いて浮かせておきましょう。

指先は、斜めに立ててトンネルを作る感じで。

 

 

私は、他の弦に触れていることに気づかず、「先生、音が出ません」とよく質問しました。

その時に指をたたせ気味にし、他の弦に触れないことに気を付けることを学習しました。

 

 

セブンス・コードG7

 

セブンス・コードG7は、ウクレレの狭い中に指を3本納めなければいけないコードです。

私は、スッと押さえられるまでに、多少時間が、かかり苦手でした。

 

 

指を立たせ気味に、人差し指で2弦1フレット、中指で3弦2フレット、薬指で1弦2フレットを押さえます。

 

 

3弦2フレットを押さえた中指が、2弦に触れないよう指を立てるようにします。

人差し指、中指、薬指を1、2フレットの中にコンパクトに収めます。

 

 

一週間に一個ずつでも良いのでしっかりコードを覚えましょう。

 

 

無料レッスン動画で有名なガズレレさんのウクレレコード解説の動画をご紹介しますね。

 

 

ガズレレさんは、楽しくわかりやすく説明してくれます。

 

 

いつもご自分のノートに書いた手書きのダイヤグラムを使って、一生懸命説明してくれます。その様子が、コミカルで楽しいのです。

 

 

 

 

ウクレレの基本のコードを覚える練習方法は、ありますか?

ウクレレ

 

比較的覚えるのが容易でよく使う基本のコード3つや4つを覚えたら、本格的な基本のコードを覚えましょう。

 

 

これから、ウクレレの楽曲を弾くにあたって、これらのコードを弾けないと後々、苦労するので覚えましょう。

 

 

覚える必要があるコードの動画をご紹介しますね。

説明が、クリアで分かりやすいですよ。

 

 

 

コードダイアグラムは、初心者の方にはうれしい表記なわけですが、これが上達を遅くします。

 

 

多くの方が、このコードダイアグラムを頼りに練習をし、上手く弾けるようなった気がしますが、実際には全くコードそのものを覚えておらず、コードネームを見ただけで弾けるようになっていない方が、多いのが現実です。

 

 

コードダイアグラムで弾けるようになったら、次はコードネームだけで練習する方法が、ベストです。

 

 

覚えていないコードがあったら、その都度、確認して練習しましょう。

私もつい左手をのぞき込んでしまいますが、左手をなるべく見ずに練習を進めましょう。

 

 

正しい音が、出ているかを耳で確認しながら行うと効果的ですよ。

 

 

「ウクレレのコードを効率的に覚える方法」をご紹介します。

 

 

日頃良く使うコードを練習するのが、近道など、参考になる内容のお話し動画です。

模範演奏は、ありません。

 

 

 

 

まとめ

 

  1. コードは、たくさんありますが、よく使うコードから覚えた方が、効率的ですよ。一週間一個覚えるなど、目標を立てて覚えるのもいいですよね!
  2. コードダイヤグラムで覚えたら、次はコードネームだけで弾けるようにしましょう!

 

 

ウクレレのコードの数は、600以上あるそうですが、気にせず、まずはよく使うコードだけ、コードダイヤグラムを使ってのんびり覚えて楽しみましょう。

 

 

それができたら、コードネームで、弾けるように頑張りましょう!

 

 

ウクレレ上達なら!好きなときに好きなだけ。自宅で学べるウクレレ講座

関連記事

  1. ウクレレソロ練習曲
  2. 楽しく弾けるウクレレ
  3. ウクレレの曲で有名なのは?
  4. ウクレレ初心者おすすめ

サイドバーはらちゃんのプロフィール見出し

 

はらちゃん画像3

こんにちは♪

 

私は、忙しい主婦をしている「はらちゃん」です。


音楽が大好きで5歳から鍵盤楽器に親しみ5歳からビートルズのレコードを親にねだって買ってもらってきた私は、いつか弦楽器を弾いてみたいとずっと思っていました。


のんびりゆったりしたボサノヴァやハワイアンが好きなので、子どもたちも自立したし、時間にも余裕ができたので「ウクレレを習いに行こう!」と決め、無料体験レッスンをし教室に入り、現在マンツーマンレッスンで習っています。


女性の一日は、とにかく忙しいです。

年代それぞれに忙しく毎日を送っています。

そして、ストレスを抱えて日々を過ごしている方も多いと思います。


ストレスの逃がし方は、人それぞれ、私の場合は、音楽はもちろんですが、雑貨屋さんに行くことが、解消法の1つです。


単純なので、嫌なことがあっても雑貨屋さんに一歩足を踏み入れると、頭と心がパッと切り替わり、がらりと気分が変わり楽しくなります。


女性が、楽しく毎日を暮らすと家族や周りの人たちも、幸せになりますからね。

 

特に音楽が、必要不可欠です。

物欲は、あまりなく、音楽から受ける「感性」が、疲れた心身を元気にしてくれたり、癒してくれたり、喜びを与えてくれます。


癒しのウクレレの音色を奏でて、周りをハッピーにしましょう。


そんな私がブログの中で語っているので見てください。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

はらちゃんのプロフィールはこちら