ウクレレのコード進行を知ろう!

この記事は6分で読めます

ウクレレ曲集

 

ウクレレは、自分で奏でて、その音色で、癒される素敵な楽器ですよね。

小さくて、陽気で、とぼけたようなフォルムが、とても好きです。

 

 

軽いところも、いいですよね。

いつも傍らに置いておけば、ひょいと手に取り、すぐに弾けます。

 

音が、小さいので、近所迷惑にもなりません。

学校や会社から帰宅した夜でも、練習できます。

 

 

ウクレレが、上手くなりたくて、あっという間に過ぎてしまう一日の中で、練習する時間を作っています。

 

 

前は、大事なコアロハのコンサートウクレレをケースにしまっていました。

ケースにしまっていると、だめですね。

そのまま、日々が、過ぎてしまいます。

 

 

今は、ケースにはしまわず、傍らに置いています。

やはり、その方が、練習することが、増えました。

 

 

私は、音楽と本を読むことが、好きな主婦です。

子どもが、小さい頃は、よくキャンプをしましたが、アウトインの人間ですが、フットワークは、軽く可能な範囲内で、行動しています。

 

 

高齢の実の両親と私たち夫婦で、暮らしていますが、近くに二人の娘が、仕事を持ちながら、家庭を持っています。

 

 

近くですので、孫たちを連れてよく遊びに来ます。

3歳から85歳までの家族が、いつも賑やかに過ごしています。

 

 

音楽は、娘たちから「お母さんは、ノーミュージック・ノーライフだね」と、言われるほど、一日中聴いています。

音楽に助けてもらっている、という表現が、私の場合、一番合っていると思います。

 

 

洋楽とJ-POP中心に聴いています。

初めての音楽教室は、オルガンでした。

オルガンの「ブーブー」という音や、初めての五線譜、大きな音符が、懐かしいです。

 

 

オルガンのあと、ヤマハエレクトーンを10年習ったのですが、エレクトーンの練習曲は、ジャズ、映画音楽、ボサノヴバなど洋楽でした。

ですから、5歳から「A列車で行こう」や「茶色の小瓶」や、ビートルズなどを練習していたので、自然と洋楽好きになりました。

 

 

私は、エレクトーンを習っていたため、ピアノへの憧れがあり、アップライトピアノを買いましたが、音が大きいことが、気になり、楽しめなかったため、電子ピアノを買い、気ままに弾いています。

 

 

子どもたちが、あっという間に成長し、自立したころ、再び、楽器を習おうと思いました。

以前から、弦楽器を弾いてみたかったので、可愛いウクレレに決めました。

 

何十年かぶりにヤマハの生徒となり、現在ヤマハ「大人の音楽教室」のマンツーマンレッスンで、習っています。

 

 

音楽を聴いていて「気持ちいい」と感じる旋律の流れ、つまりコードの流れというものには、不思議とルールが、あります。

 

 

もちろん、ルール(パターン)だけで、音楽が、成り立っているわけでは、ないのですが、コードパターンを知っているだけでも、音楽が、各段に楽しくなります。

 

 

聴いていて、気持ちいい音楽には、決まり事や、ルールが、あるんですね。

ちょっと難しいですが、ウクレレのコード進行をご紹介しますね。

 

 

 

ウクレレのハワイアンコード進行についてご紹介しますね!

ウクレレ・ソロの練習曲

 

聞いたことある話なのですが、ハワイで、ゆるくウクレレを弾いて楽しんでいる地元の人は、C、F、Gの3つのコードで、ハワイアンを弾き楽しそうに歌っているそうです。

 

 

全てでは、ないでしょうが、意外とシンプルで、そういうものなのかな、と思いました。

 

 

ハワイアンバンプ

 

ハワイアン・バンプとは、ハワイアン曲の前奏(イントロ)、間奏、曲の終わり(エンディングに使われる短いフレーズで、特に7(セブンス)コードが、よく使われます。

 

 

特にフラソングでは、覚えておく必要が、あるのが、ハワイアンバンプで、「カイマナヒラ」で、出てくるD7→G7→C のハワイアンバンプは、必須ですから、覚えておきましょう。

 

 

この部分を弾いただけで、ハワイアンな感じになります。

 

 

ハワイアンバンブ

 

 

ウクレレらしいエンディングの弾き方/No.2/ハワイアンバンプ

 

初心者・中級者あたりまで、知っていれば役に立ちます。

ちょっとカッコイイ演奏って、段々してみたくなりますよね。

 

 

 

 

ウクレレのボサノバコード進行で、お洒落に弾こう!

ウクレレ

 

 

ボサノバ、大好きです。

ジョアン・ジルベルトの「三月の水」やナラ・レオンの「美しきボサノバのミューズ」のアルバムを部屋で、聴きます。

 

 

小野リサさんは、一時期ファンクラブに入っていて、何回かライブに行きました。

ギターを弾きながら、歌うゆったりした雰囲気と、声が、素敵でした。

 

 

ボサノバというと、ギターというイメージが、ありギターが、マッチすると、思います。

ウクレレの神様「ハーブオオタ」さんも、すべて、ギターとのジョイントでの構成でライブしています。

 

 

ボサノバを聴いていても、難解なコード進行のように聴こえます。

そこがまた魅力なのだと思いますが、裏の計算されたコード進行までは、私には、難しくてわかりません。

 

 

模範演奏CD付ボサノバ楽譜本 amazon

 

Amazonでも、検索結果が、9件しかありませんでした。

 

ボサノバ ウクレレ

 

 

イパネマの娘のコード進行

 

このパターンが、ボサノバの最も基本的なパターンです。

14個のコードですが、同じ押さえ方で、フレットが、ずれているだけのものが、あるので、実質8個です。

 

 

Fから始まるので、Fのキーと思ったら、次のコードが、G7!

これでは、Fに落ち着かずCに落ち着くのが、当然と思いきや、次にGmになりC7になり、Fへ無理やり落ち着く。

 

 

こんなコード進行理論を無視したようなコード進行でも聞くと滑らかに聞こえるボサノバの不思議。

ボサノバは、普通なコード進行ではないところに、惹かれるのだと思います。

 

http://novabossanova.com/howtobossa2.html

 

 

アントニオ・カルロス・ジョビン「おいしい水」コード進行

 

海外サイトのコード進行とダイヤグラムです。

 

https://www.e-chords.com/chords/tom-jobim/agua-de-beber

 

 

初心者でも簡単 ボサノバ風ウクレレ・パターン1

 

CM7→C6  2つだけです。

ダイヤグラム表示で、スローテンポで、リズムが、始まり、徐々に早くなっていくと「あ~、ボサノバだ」という動画です。

 

 

 

ウクレレでボサノバ風にCrazy-G

 

Crazy-Gをボサノバ風にアレンジしてある、とてもお洒落な模範演奏動画です。

 

 

 

 

ウクレレのブルースコード進行で、カッコよく弾こう!

ウクレレ 練習

 

黒人音楽が、ルーツのブルース。

渋くて、かっこいいですよね。

ブルースは、ロック、ジャズ、ソウル、R&B等のいろいろな音楽の元になっています。

 

 

クラプトンのブルースも大好きです。

ギターが、泣いているみたいで。

 

 

ウクレレで、ブルース。私には、とてもハードルが、高いジャンルです。

ウクレレは、南国の楽器で、明るい持ち味なので、ブルースの「渋さ」と「深み」が、出せるのかな、と思ってしまいます。

 

 

ブルースのコード進行は、12小節で、一周するコード進行で、シンプルな構成です。基本的な3コードだけで、成り立っています。

 

 

ウクレレブルース

 

A7→D7→E7 の3つのコードが、12小節の基本パターンです。

ブルースの「シャッフル」奏法は、やっぱりカッコイイですね!

 

 

 

ブルースコード進行

 

ウクレレブルースの様々なスタイルの動画です。

すべてAのブルースで、12小節・3コード進行・シャッフルのリズムを使って自由な練習をやってみましょう。

 

http://ukule.net/black/free_blues.html

 

 

 

ウクレレのコード進行パターンをご紹介しますね!

ウクレレのレッスンをする女性

 

コード進行は、平たく言うと、伴奏の動き方の指針みたいなもの。

段々、わかってきました。

因みに、J-POPの「王道進行」は、F→G→Em→Am で、「スピッツ/ロビンソン」のサビが、それだそうです。

疾走感、爽快感が強く、力強さ、メロディの乗せやすさが、最強なコード進行だそうです。

 

 

私は、楽譜を見て、ただ好き勝手にコードが、並んでいると、思っていましたが、一定の決まり事の上に成り立っていることが、わかりました。

これは、人間が、音楽を聴く際に「気持ちいい」と感じる旋律の流れ、つまりコードの流れというものには、不思議とルールがある(必ずそうなっていく・・)からだということが、わかりました。

 

 

コード進行パターンというものが、実は、存在したことを知ると、音楽が、格段に楽しくなる、ということは、わかりましたが、「音楽理論」となりますので、まだまだ理解することは、難しいですね。

 

 

ウクレレ道場 コード進行パターン

 

少し難しい音楽理論も含まれますが、こちらのサイトを参考にしてください。

 

http://dra8gon.blogspot.jp/2013/01/blog-post_368.html?m=1

 

 

コード進行の仕組み(基礎)

 

http://ukule.net/black/uku_cord_pt01.html

 

 

UKULELE de コード進行理論入門

 

私は、さっぱりわかりませんが、勉強したい方は、どうぞ!

 

http://www004.upp.so-net.ne.jp/ukulele/chord_progression/main.html

 

 

コード進行パターンブックウクレレ amazon 

 

出版社:ヤマハミュージックメディア

コード進行パターンブック [新装版] ウクレレ

 

 

すぐ歌えるコード進行ネタ帳~ウクレレで作れる5万曲!

 

https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3109317203/

 

 

 

まとめ

 

  1. ハワイアンのほとんどの歌は、C、F、G の3つのキーで、表現されます。ハワイアンは、本当に簡単で、ハワイの民族楽器であるというルーツを思わせます。
  2. ボサノバと言ったら、クラシックギターなので、ウクレレとボサノバ関連の資料は、少ないですね。コード進行も複雑かつ難しくて、わかりませんでしたが、そこに惹かれるボサノバの秘密があるのかな、と思いました。
  3. 3つのコードを12小節繰り返すコード進行。そして、「シャッフル」で、カッコよく弾いてみましょう。
  4. ウクレレのコード進行パターンは、ウクレレに限らずどんな楽器・演奏にも使えて、コード進行のパターンが、わかると面白い!

 

 

ヒット曲や、気持ちいい曲、音楽には、コード進行というものが、存在するのですね。

曲の秘密を知り、ますますウクレレで、曲を弾くのが、楽しくなりましたね!

 

 

ウクレレ上達なら!好きなときに好きなだけ。自宅で学べるウクレレ講座

関連記事

  1. ウクレレと言ったらハワイ
  2. ウクレレ初心者おすすめ
  3. ウクレレ・ソロの練習曲
  4. ウクレレソロ本

サイドバーはらちゃんのプロフィール見出し

 

はらちゃん画像3

こんにちは♪

 

私は、忙しい主婦をしている「はらちゃん」です。


音楽が大好きで5歳から鍵盤楽器に親しみ5歳からビートルズのレコードを親にねだって買ってもらってきた私は、いつか弦楽器を弾いてみたいとずっと思っていました。


のんびりゆったりしたボサノヴァやハワイアンが好きなので、子どもたちも自立したし、時間にも余裕ができたので「ウクレレを習いに行こう!」と決め、無料体験レッスンをし教室に入り、現在マンツーマンレッスンで習っています。


女性の一日は、とにかく忙しいです。

年代それぞれに忙しく毎日を送っています。

そして、ストレスを抱えて日々を過ごしている方も多いと思います。


ストレスの逃がし方は、人それぞれ、私の場合は、音楽はもちろんですが、雑貨屋さんに行くことが、解消法の1つです。


単純なので、嫌なことがあっても雑貨屋さんに一歩足を踏み入れると、頭と心がパッと切り替わり、がらりと気分が変わり楽しくなります。


女性が、楽しく毎日を暮らすと家族や周りの人たちも、幸せになりますからね。

 

特に音楽が、必要不可欠です。

物欲は、あまりなく、音楽から受ける「感性」が、疲れた心身を元気にしてくれたり、癒してくれたり、喜びを与えてくれます。


癒しのウクレレの音色を奏でて、周りをハッピーにしましょう。


そんな私がブログの中で語っているので見てください。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

はらちゃんのプロフィールはこちら